カテゴリー別アーカイブ: 未分類

DYNAUDIO special 40 試聴可能

当店のrefernce systemであるスペクトラル(spectral)、他ATOLL  ,

n-modeの各アンプにて鳴らしてみました。

過去の記念モデルであるspecial25,や30周年モデルのsapphireとの比較が気になる方が多いかと思います。

今回のspecial40は小ぶりながdynaudioのこれからの進むべき方向性が見えたのではないかと思います。

左右を逆位相につなぎバーインのトラックをリピートで約8時間程ですがかけた後に試聴しました。

special25よりもサイズが小さいためもあり低域の量感などは抑え気味で、もしかすると過去の製品より物足りないと感じる方も出てくるかもしれません。

しかし、よく聴いてみると量は抑え気味でも低域も含めスピード、立ち上がりと立下りの速さは明らかに改善していると感じました。勿論音の繋がり、密度、滑らかさの向上も実感しました。

当然ながら他のSPで置いた位置にそのまま置き換えるだけでは上手くいきません。左右の間隔、向き、試聴ポイント、部屋のエアヴォリュームを考慮して距離、を耳で追い込まなければ本領発揮出来ずに何か勘違いされる事も多いかもしれません。

未だ短時間の試聴ですので見えてこない分もあると思います。

当店では引き続きセッティングを取り組んでいく次第ですので

是非試聴にいらして頂きたいと思います。

 

キソアコースティックのシズカ SAC-1016オーディオカーペットを試聴

近年人にも悪影響があると言われている電磁波ですが、それを最新素材であるカーボンマイクロコイルやフェライト等をハイブリット化した炭素繊維で吸収し熱に変換し空中に放出すると言うカーペットです。

最初は半信半疑でしたが敷いてみると音場の見通しが良くなり各楽器の位置関係もより明確になる事を実感いたしました。こういった製品の場合、”思い込み”や先入観で左右されてはいけないと思い、同じ曲、違う音源で何度も試しますが何度やっても同じ結果が出た為、確信しました。又SN感も良くなります。

次の日に3人のお客様にも体験頂きましたところ同じ感想を頂きました。又2件のお客様宅でも試しましたがやはり実感致しました。

当店にはSPの前のフロアーに置くと音場がよくなるAITEC社のΛ3,16Anniversaryもございます。改めてそちらを置く、置かないの実験も致しましたがこちらもかなり共通する音場改善があります。

それでは両方置いたらどうなるか、これがまた一番良い結果に・・。

お客様3人にも体験して頂くと同じ意見でした。

エレクトロニクスに詳しい方ほどこのようなアイテムは当初から疑われ易いのですが、いつ何度、複数の方にも試聴頂いても効果ありの製品は認めざるを得ないと思います。

sizuka オーディオカーペットはお客様にご購入頂きました。

IsoTec  EVO3 SUPER TITAN

       

イギリスより IsoTec の Evo3 Super Titanがやってきました。

当店では当初より Evo3 SIGMASをいち早く導入し、ノイズに汚染された現在の電源事情を痛感し又後日発売されましたTitanにて試聴室のサウンドをグレードアップしておりました。導入して頂いた各お客様のリスニングルームでは絶大な効果を発揮しております。

昨年のインターナショナルオーディオショーにてお披露目されたSuper Titanのデモ機を送って頂いたところ、接続し音が出た瞬間、これまた驚きでした。

今まで以上に広大なサウンドステージ、目を閉じて聴いてみるとSPの左右の壁や後ろの壁の存在が共により感じられなくなりました。

と申しますより12畳の試聴室がとてつもなく広い演奏会場にワープした様な状態です。

Super Titan、 プライスは¥1,800,000(税別)で、Titan(¥630,000)の約3倍となりますがその効果の程も比例して3倍に感じられました。

ルームチューニングを適切に行い、良質の機器とセッティングを行えば180万円の投資は必ず生きてくると思います。

 

FIDELIX トーンアーム 0 Side Force

 

 

 

 

当店のhanss acoustics にフィディックスのピュアストレート・トーンアームを常設展示致しました。

トラッキングエラーを少なくする事も大事ですがそれよりサイドフォースの変動による時間揺れの問題の方が大きな問題、と言う設計者の中川氏による理論を信じ導入しました。

結果、ウッドベースの音は深く沈み込み、今まで良しとしていた音も余分な脹らみがあったのであろうと思わされる事を実感しました。

各楽器と楽器の空間の音もよく再現され全体的に同じカートリッジであるにも関わらずレベルアップしていることを確信致しました。

又当店常設のDS.Audioの光電式カートリッジ DS-W1と同イコライザーDS-W1の組み合わせにて再生したサウンドは感動でした。

レコードをトレースしている姿は、特に外周では確かにトラッキングエラーがありそうな角度ではありますがピアノの音が歪むなどの音は全く感じられませんでした。

DS Audioと共にmade in japanの底力、日本人の技術に拍手を送りたいと思います。

Spectral DMC-30SV

スペクトラル社の最新にして最強のプリアンプDMC-30SV(super veroce)を昨年から展示導入致しました。

キース.O.ジョンソン氏の開発したSHHAモジュールがいよいよ第3世代として進化致しました。前モデルのDMC-30ss siries2においてもこれ以上のサウンドは無いだろうと思っていましたが今回のチェンジには驚かされた結果です。スペクトラルの愛用者の方も又、初めての方も是非一度ご試聴頂きたい製品です。